期間限定な気持ち

高校の仲間が見ているリアルは現在閉鎖してるから

こっちに書いてみた。


ただのぐだぐだつづりです。。。


いつかさ…

いつかは来るかと思っていたんだよね。


まだ自分でも実感わいてなくってさ。

時代に乗り遅れちゃっている感じがするんだけどさ、


もしさ、

もし…あたしが先に告白をしていたら

あなたはOKしてくれてましたか?


あの子よりあたしを好きになってくれていましたか?

なんて自意識過剰



今日の選択授業で、あなたと同じ教室で

相手の子と隣の席になって

もうテンションが下がっていたよ。



仲間達にも気を使わせちゃっていたらしくて。。


結構頑張ったんだけどなぁ~?

念力伝わんなかったのかなぁ~?


でも…

涙は出なかった。

不思議だね。

心は泣いているのにね。

やっぱまだ実感してないんだよね。


でも、あの子を見るたびに

嫉妬してしまう自分が大嫌いだ。


器の小さい自分が嫌いだ。

だからといって


おめでとう!幸せに


なんて言える大きな心も今はない。


今思えば

憧れとして見ていたのかもしれないね。


だけど…

今更何言ってんだって感じなんだけど…



言えるもんなら言いたかったね。


”好きでした”


と。


メアドを聞いたあの日から、

あなたの瞳にあたしは映っていましたか?


私の存在、気付いていましたか?


これをここまで読んでくれた人はなんとなく気付いているだろうね。

そうです。

フローラルに彼女ができました。


地元の子ならいいものの、

隣のクラスの人。


まぁ。。。向こうは1年生の時から想ってたんだってさ。


凄いね。


飽き性のあたしには無理だな←


今は…斜め前のあなたを毎日見るのが

つらいような…切ないような…


でももう目を合わせたりなんてしないんだ。

声をかけるのに抵抗なんていらないんだ。


明日は文化祭前日!

明後日は文化祭当日!



楽しむぞ!!!

人気ブログランキングへ

この記事へのトラックバック